緑の桜「御衣黄」咲く 風土記の丘で見頃

緑色の花が満開に

和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘で、珍しいサクラの品種「御衣黄(ぎょいこう)」が見ごろを迎えている。

御衣黄は八重咲きのサトザクラ種で、緑色の花を咲かせることが最大の特徴。この緑色は葉緑素によるもので、花弁の裏側には気孔も存在する。開花から数日たつと花の中心部から赤色に変化する。

同施設内の安藤塚には御衣黄が2株植えられ、濃い桃色の花が咲くカンザンなど、他のサトザクラと共に満開となっている。

御衣黄は県内では他に岩出市の根来寺、橋本市の城山台中央公園などでも見られる。同施設で花が楽しめるのは今月まで。また、初夏にかけてフジ、カキツバタなども見ごろを迎える。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。