白良浜で初開催「泡ビーチ」 5月3~5日

関西一早い海開きといえば白浜町の白良浜――。全国的にも有名だが、ことしはひと味もふた味も違う。海開きに合わせて白浜町合併10周年イベント「泡ビーチin南紀白浜」が5月3、4、5の3日間、開かれる。入場無料。

地中海の楽園「イビサ島」発祥の、踊りながら泡まみれになる野外イベント「泡パーティー」がついに和歌山のビーチに上陸する。

開催期間中の豪華出演者も決定。3日は、白浜観光大使であるお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さん、span!、わんだーらんど、さらに泡ビーチオフィシャルサポーターの「まこみな」が来場。4日はBENI、5日はMUNEHIRO。他にも多数の出演者を予定している。

さらに、紀州和歌山の名物が勢ぞろいした「食ビーチ」も同時開催。バラエティー豊かなフードが3日限りで楽しめる。JR西日本の協力で、食ビーチ開催期間中、会場内各店舗ではICOCAでの支払いも可能。

また、子どもも楽しめる大型ウォータースライダーも登場する予定。

ことしのゴールデンウイークは、SNSやテレビなどで一大ムーブメントとなっている野外フェス「泡パーティー」を体験しよう。

泡ビーチの開催時間は、3日が午後1時半~5時、4・5日が正午~午後5時。食ビーチは、3日が正午~5時、4・5日が午前10時~午後5時。

イベント中は、旧空港跡地を臨時駐車場(有料)とし、無料シャトルバスを運行する。イベントに関する問い合わせは「南紀白浜泡ビーチ実行委員会」(白浜町役場内、℡0739・43・5555)へ。泡ビーチの詳細・参加についての注意事項などは、町役場ホームページのトップ画面からチェックできる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。