梅酒の仕込み始まる 海南の酒造会社で

タンクに投入されていく南高梅

「梅の日」の6日、海南市藤白の中野BC㈱(中野幸治社長)で梅酒の初仕込みが行われた。この日から約1カ月間かけて、南高梅約500㌧をタンク42基に漬け込み、蔵内には朝摘みされたばかりの新鮮な甘い梅の香りが漂う。

初日は約25万粒の漬け込みを行い、入荷された南高梅を水洗い、あく抜きした後、酒造アルコール、砂糖、水の入ったタンク(高さ4・2㍍、直径2・6㍍)へゴロゴロと投入。この日仕込んだ梅酒の一部は、12月に早期熟成の新酒「梅酒ヌーボー」として出荷される。

例年通り720㍉㍑換算で140万本分を仕込み、来年秋ごろには日本各地をはじめ、中国やオーストラリアなど17カ国に出荷する予定。

梅酒杜氏の山本佳昭さん(46)は「生産者から届けられた梅を大事に、しっかりとわれわれが酒を育てていきたい」と力を込める。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね