県内就職を支援 高校生対象の企業説明会

各ブースで説明を聞く生徒たち

就職希望の高校生を対象にした企業説明会が16日、和歌山市の和歌山ビッグホエールで開かれ、生徒や保護者ら約2150人が県内企業への理解を深めた。

高校生の県内企業への就職を推進し、地元にも国内や世界で活躍する魅力的な企業があることを知ってもらおうと、県教委などが主催。昨年に続き2度目の開催。来春卒業の高校生を採用予定の県内企業など107社が参加した。隣接する和歌山ビッグウエーブで行われた開会式で、仁坂吉伸知事は「正しい知識を身に付け、いい選択をして、良い人生を歩んでください」と激励。生徒たちは興味のある企業のブースを訪ね、採用担当者の説明に熱心に耳を傾けていた。

上富田町から参加した高校生は「家から通える方が安心だし、地元に貢献したいという思いがあります。まだ職種を絞り込めていないので、いろんな会社でじっくり話を聞いて参考にしたいです」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね