ハッセルブラッドの魅力 27日まで写真展

美しい風景作品が並ぶ会場

きめ細やかな質感と正方形のフォーマットが特徴のスウェーデン製カメラ「ハッセルブラッド」愛好者の写真展、第25回「和歌山ハッセルブラッド・フォトクラブ展」が27日まで、和歌山市のホテルアバローム紀の国2階ギャラリー龍門で開かれている。

田中康裕会長ら7人が「川」をテーマにした作品と、自由作品計32点を出品。会場には、南アルプスの空に輝く天の川、紅葉の美しい秋景や静かな湖畔、桜の古木など、見応えのある作品が並んでいる。時の流れを感じさせる、廃校跡を写した組作品もある。

往年のハッセルブラッドは重量感があり、ピント合わせなど設定は全て手動だった。撮影には手間と時間がかかったが、最近は軽量でコンパクトなデジタル機種も登場。ほとんどの会員が併用している

鮮やかな発色や立体感は愛好者を魅了し、今もフィルムで撮影する小川隆司さん(74)は「正方形の画角をとるのが難しく、シャッターを切るのも慎重になります。失敗も多いですが、何より撮ったという感触や満足感は大きいです」と笑顔で話していた。

午前10時から午後5時(最終日は4時)まで。問い合わせは同所(℡073・436・3964)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね