14年ぶり大相撲和歌山巡業 10月18日開催

大相撲和歌山場所をPRする千田川親方、春日野親方、尾崎会長(左から)

大相撲の秋巡業「大相撲和歌山場所」が10月18日、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで行われることになった。同市での巡業は14年ぶりとなる。
7日には市内で、主催者の実行委員会、日本相撲協会による記者発表があり、実行委の尾崎要二会長は「県出身の力士が一人でも早く育ってくれるよう、今後につながるような巡業になれば。テレビの放送では見られない、力士のひたむきな面も間近にしてもらいたい」と期待を寄せた。
巡業には、横綱の白鵬をはじめとする力士約160人を含む総勢280人が参加。県出身の若手力士4人も参加予定。
会見で、海南市出身で日本相撲協会広報部長の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)は「アマチュア相撲が盛んな和歌山。新しい力士の発掘とともに、大勢の方に力士の迫力を目の当たりにしてほしい」、同協会の千田川順親方(元小結・闘牙)は「力士とお客さんの距離が近いのが地方巡業の魅力。一人でも多くの方に直接ふれあってもらいたい」と話した。同日、一行は県庁や市役所を訪問し、巡業をPRした。
当日は午前8時に開場し、公開稽古。幕内と横綱の土俵入り、幕内の取組が行われる。その他、幕内力士による地元の子どもたちとの稽古、地元アマチュアと幕下力士の対戦も予定している。
チケットはタマリ席1万5000円(1人分)やペアマスB席(2人分)2万円、1階イス席9000円など。今月18日からチケットぴあ、ローソンチケットなどで販売。テレビ和歌山ホームページ内特設サイトからも予約購入できる。
テレビ和歌山では17日(午前10時~午後5時)のみ、電話(℡073・455・5708)で特別先行販売する。問い合わせは実行委事務局(℡073・455・5721)。

記事元:わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。