市和歌山が智弁破り4強 高校野球12日目

6回表、逆転の2塁打を放つ薮井

第98回全国高校野球選手権和歌山大会は大会12日目の25日、和歌山市毛見の紀三井寺公園野球場で準々決勝2試合があり、第1試合は市和歌山が智弁に10―5で勝利し、2年ぶり18回目のベスト4に進出した。

第1試合

市和歌山
121002013―10
101020010―5
智弁

〔市〕赤羽、栗栖―岡本〔智〕橋、黒原、平田龍―門脇、東田▽本塁打=木下(市)▽3塁打=北阪(智)▽2塁打=薮井、山﨑、濵野(市)、林、垣(智)

投打で力を見せた市和歌山は1~3回に4得点。5回裏に同点とされたが、6回表1死2塁で薮井が左中間への2塁打を放ちリード。盗塁で3塁に進んだ薮井は暴投の隙に生還。9回も濵野の2塁打などで3点を加え、突き放した。投げては赤羽、栗栖の継投で智弁の強力打線を抑えた。

半田監督は「臆することなく狙った球を打ってくれた。準決勝も自分たちの野球をしていきたい」と次戦を見据えた。

智弁は1回、5回に同点としたが、リードを奪えなかった。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。