和歌山市は手まり 1日~マンホールカード

発行予定の和歌山市版マンホールカード

全国各地のご当地マンホール蓋のデザインを集めるコレクションカード「マンホールカード」の和歌山市版が8月1日午前9時から、同市一番丁の市観光案内所で配布が始まる。
同カードは、国土交通省と関係団体で構成する「下水道広報プラットホーム(GKP)」(事務局=日本下水道協会)が企画。歴史や文化、名物などユニークな各地のマンホール蓋を、全国統一規格でコレクションカード化しており、ことし4月に発行された第1弾は28自治体30種類があり、静かなブームを呼んでいるという。
同市が参加する第2弾では、県内から他に有田川町を含む40自治体の44種類が発行される。
同市のデザインは、江戸時代に、城下の女性たちが競うように作ったとされる紀州手まり。カードの大きさは縦88㍉、横63㍉。配布枚数は2000枚。
問い合わせは市下水道経営課(℡073・435・1093)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。