KAN県内初の単独ライブ開催へ 10月10日

わかやま新報本社を訪れたKANさん

大ヒット曲「愛は勝つ」などで知られるシンガーソングライターのKANさん(53)が、和歌山市福町のわかやま新報本社を訪問。10月10日に県民文化会館小ホールで開くツアーライブ「弾き語りばったり#29 責任者はテクニシャン」をアピールした。

KANさんは昭和62年にデビュー。平成2年に発売された「愛は勝つ」は200万枚を超えるヒットを記録した。現在はバンド活動と弾き語りライブに加え、複数のラジオ番組にも出演している。ことし2月には16作目のアルバム「6×9=53」を発売した。

芸能活動開始から29年を迎えることし、「特別感謝活動年」としてこれまであまり訪れることがなかった地域でのライブを決意。7月の埼玉県を皮切りに、全国29都道府県を巡る。所属事務所によると、和歌山には90年代にも訪れているが、単独ツアーを開くのは初めて。

本社で取材に応じたKANさんは、お気に入りのバーの隅の席でノートパソコンを広げ、シャンパンのハーフボトルを飲みながら歌詞を書いていることなど、創作のエピソードも披露。ファンにはおなじみだが、ライブの際は緊張を解きほぐすために開演の30分前から舞台に上がり、客が集まってくる会場で練習する。「初めて見る人は驚くでしょうね」。

出来上がったメロディーに歌詞を乗せるスタイルのため、メッセージ性にこだわりはない。「自分が思いもしないことを感じてとってもらえたらうれしい」と新たな聴衆との出会いに期待を込める。

「和歌山で弾き語りができてとてもうれしい。ぜひ一人でも多くの方に聴きに来てほしい」と来場を呼び掛けている。

当日は午後4時半開場、5時開演。チケットは全席指定で5500円。チケットぴあ、イープラスなどで取り扱っている。問い合わせは県民文化会館(℡073・436・1331)へ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。