リーヴォが今季初黒星 次節は首位攻防戦

関西サッカーリーグ1部は10、11の両日、各地で第12節の4試合があり、アウェーのアルテリーヴォ和歌山は10日、レイジェンド滋賀と対戦。1―3で敗れ、今シーズン初黒星を喫した。

前半21分、DFのバックパスを奪われ失点すると、後半2分にも失点。すぐさま林の得点で1点差に詰め寄ったが、26分にDF前山が2枚目のイエローカードで退場。直後に3点目となる失点を許し、敗北した。

前節から約2カ月ぶりとなったリーグ戦。2位アミティエが勝ったため、勝ち点差を「3」に縮められた。次節は17日、ホームのアルテリーヴォは桃源郷運動公園にアミティエを迎える。優勝が懸かった大一番で勝利を目指す。午後1時キックオフ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。