田中佑典選手が凱旋パレード ぶらくり丁で

にこやかに握手に応じる佑典さん

和歌山市のぶらくり丁で24日、田中佑典さんの凱旋パレードが行われ、沿道やその後の式典などに約4000人が集まり、金メダリストの祝福に沸いた。

兄の和仁さん、姉の理恵さんら家族も参加。市消防音楽隊の演奏で華やかに行進が始まると、沿道の両側に集まった市民らは、佑典さんらが近づくと、大きな歓声や拍手で祝福。佑典さんらは行進中、右へ左へと握手や写真撮影に応じ、市民らと終始にこやかに交流した。

集まった大勢の人を見た佑典さんは、「予想以上に集まっていただき感激しています。育ててもらった和歌山市に金メダルを持ち帰ることができてうれしいです」と感謝の思いを述べた。パレード後はフォルテワジマで市栄誉賞の贈呈式や握手会に臨んだ。

同市広瀬の大学3回生、中嶋梓乃さん(20)は「田中選手の活躍をテレビで応援していたので、間近で見られてうれしかったです」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね