和工の3連覇なるか 23日~高校ラグビー

第96回全国高校ラグビーフットボール大会県大会が、23日に紀三井寺公園陸上競技場で開幕する。花園を目指し11校がトーナメントで激突。和歌山工の3連覇なるか、今季絶好調の近大和歌山の2年ぶり優勝か、注目が集まっている。

2年前の同大会では両校優勝となった和歌山工、近大和歌山(大会規定により抽選で近大が全国大会出場)だが、6月の県春季選手権をはじめ全国高校7人制予選でも近大が連勝。2年ぶりの花園に向け近大フィフティーンも意欲満々。連覇達成へ巻き返しを狙う和工は、インターハイでも活躍した箕島高相撲部の協力を得て、ぶつかり稽古や四股でしっかり下半身強化を図った。実戦での成果が楽しみ。

この両校に熊野、田辺の南紀勢も加わり、今回は例年以上の混戦が期待される。初日は午前10時からの開会式に続き、新翔―星林を皮切りに那賀―有田中央、田辺工―和歌山北の3試合が行われる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね