作品展や芸能発表 下津総合文化祭始まる

多くの人でにぎわう会場

第61回海南市下津総合文化祭が22日、下津町下津の市民交流センターと市拝待体育館で始まり、同町内の児童生徒や住民らの作品でにぎわっている。23日まで。

実行委員会(小上泰信会長)が主催。文化活動に取り組む自主サークルや公民館、学校、一般などから寄せられた、絵画や書、手芸、盆栽、華道といったさまざまな作品が並んでいる。同センター「ふれあいホール」では芸能発表の部が行われ、音楽やダンスなど多彩な発表が行われている。

初日は下津、加茂川の両小学校による金管バンド演奏で芸能発表が幕開けし、カラオケや手品などが続いた。

来場者は家族や知人の作品を見つけると写真を撮るなどして笑顔。会場ではミカンの詰め放題やスイーツ、バザーなどもあり、多くの人が訪れた。

23日は午前9時から午後4時までを予定している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね