トライアンズ快勝 社会人ク大阪1位に

果敢に攻める選手

プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の3部入りを目指している和歌山トライアンズは22日、和歌山市梅原のノーリツアリーナ和歌山で、社会人クラブ大阪1位の「FANTASISTA」と対戦し、78―62で勝利をつかんだ。

リバイバルマッチと題した第一弾で、1年半ぶりの公開試合。非公式戦ながらも、Bリーグやブースター(ファン)へのアピールの観点から絶対に負けられない一戦となった。

トライアンズは主将の知念恭平や坂東玲央などを中心とした攻撃でリズムをつくり、ゴール下では、センターの久保田和貴が確実に得点を重ねて終始ゲームをリードし、FANTASISTAに反撃の隙を与えなかった。会場には200人近くのブースターが駆け付け、太鼓などで盛り上げた。

試合を終え、石橋貴俊ヘッドコーチは「多くの皆さんに再びトライアンズの姿を見せられてうれしく思います。Bリーグでも十分にやっていける実力の選手もいるので、頑張っていきたい」と力を込めた。

トライアンズの次回の公開ホーム試合は12月18日の予定。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね