和歌山城の松が冬支度 立冬に「こも巻き」

松の幹にこもを巻く市職員

暦の上で冬の訪れを告げる「立冬」を迎えた7日、和歌山市の和歌山公園で、園内の松をマツケムシなどの害虫から守る「こも巻き」が行われた。
越冬のために松の枝から地中へと降りるマツケムシを、根元から1㍍ほどの位置に巻いたこもの中に閉じこめる伝統的な害虫駆除法。市の職員9人が園内の松約270本にこもを巻いた。
市和歌山城整備企画課史跡整備班の吉村隆良班長は「松を虫から守るのに効果があるとされ、毎年行っています」と話していた。
巻いたこもは来年3月上旬の「啓蟄(けいちつ)」の日に外し、焼却する。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。