駅前を明るく 美園の駐車場にLEDデコ

点灯が開始されたイルミネーション

和歌山市のまちなかを明るくしようと、市内5カ所にコインパーキングを展開している美園モータープール(今川幸藏社長)は25日、3カ所の駐車場で、LEDデコレーションの点灯を開始した。今後、年間を通して夜間の自動点灯で運用する。
今川社長(59)が「まだまだ暗い場所もある和歌山駅周辺を、女性も安心して歩けるように明るくしたい」と考えたことがきっかけ。デコレーションの総延長は211㍍。県の特産物であるミカンや桃のデザインの他、紀州てまりや和歌山城の装飾も設置した。
同社や商店街の関係者ら20人ほどが集まり祝った和歌山駅前第5駐車場での点灯式では、クリスマスソングが流れる中、音符などの装飾が明るく光り、周囲を照らした。
今川社長は、「通勤通学の人はもちろん、観光客にも楽しんでもらえれば」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね