ベニー園長仕事納め お城の動物園で冬眠

わらの上で冬眠に入るベニー

官公庁などを中心に仕事納めを迎えた28日、和歌山市の和歌山公園動物園の園長で、ツキノワグマのベニー(推定23歳、雌)も、1年の仕事の疲れを癒やすために冬眠に入った。期間は2017年3月中旬までを予定している。

熊舎内には、発泡スチロールとわらで、高さ30㌢ほどの冬眠用ベッドを用意。舎の扉が開けられると、ベニーはゆっくりと寝床に向かい、体を休めた。冬眠中は、2日に1回程度、パンや卵などの餌を食べて冬を越すという。

市和歌山城整備企画課の中島悠主事(25)は「ゆっくり休んで、また、春に園長として元気な姿を見せてほしいですね」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。