ウインズ平阪さん再出発の初アルバム 3日

「ウインズ平阪」としての初アルバム

地元和歌山を拠点に活動してきたJポップユニット「ウインズ」。デビュー30周年を迎えた昨年5月に活動を休止して以降、平阪佳久さんは残ったメンバーに新メンバーを迎え、6人で「ウインズ平阪」として活動を続けてきた。1月3日、満を持して、ウインズ平阪として初めてのアルバムをリリースする。2500円(税別)。

再スタートとなる大きな分岐点に、音楽生活32年となる平阪さんは「これまでの代表曲を、リミックス(編集・再構成)したものを中心に、録音し直したもの、新曲では20年ぶりのラブソングや校歌までを多彩に収録した一枚。気持ち新たに『ウインズ平阪』として、これまでより一層全力投球したい」と意気込んでいる。

アルバムのタイトルは「ウインズ平阪1st Album」。2種類あり、ともに全18曲を収録。このうち15曲は共通。おなじみとなったジョーシンのCMイメージソング「情熱をなくさないで」や、ノリの良い「高野口SAMBA」、紀の国わかやま国体・大会イメージソングの原曲「あしたへと2」、昨年4月に開校した橋本中央中学校校歌「希望に向かって走れ」など。また、通常盤には平阪さんの長男で、和歌山大学経済学部3回生の平阪靖啓(やすひろ)さんが歌う「笑い話」も収録されている。

全国のCDショップやインターネット通販サイト・アマゾンで購入できる。発売記念トーク&サイン会は1月3日午後1時から、和歌山市のイオンモール和歌山のミヤコミュージックマーケット、3時からと5時からはツタヤウェイガーデンパーク和歌山店で開催。

ライブDVDが付く初回限定盤1000枚は事前予約で完売しているが、3日の各CD店のイベントで購入できるという(枚数限りあり)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね