たま+おも電車 13日~貴志川線で特別運行

試運転が実施された「たま+おも電車」

昨年からの貴志川線開業100周年記念事業の締めくくりとして、和歌山電鐵㈱(本社=和歌山市伊太祈曽、小嶋光信社長)は13日から、社員の利用促進のアイデアから実現した、人気のたま電車とおもちゃ電車の車両を合体させた「たま+おも電車」を特別運行する。2月7日まで。

11日には、伊太祈曽駅から和歌山駅間で試運転を行い、問題なく走行できることを確認した。昨年末に同企画が発表されて以降、鉄道ファンらの反響も高まっており、ツイッター上では「たま+おも電車 キター!!  合体とは恐れ入りましたw」や「名物列車『たま電車』と『おもちゃ電車』が! なんと合体して走るそうです!!」などと、意表を突くコラボに期待する書き込みが多数発信されている。

合体列車は通常のおもちゃ電車のダイヤで運行する。19、26日、2月6日は運休する。問い合わせは同社(℡073・478・0110)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。