未来につなぐ地域の宝 西浜博イベント多数

和歌山市立西浜中学校の創立70周年と同校同窓会(浜友会)の設立60周年を記念し、12日から12月31日までの8カ月間、「わが街西浜の宝博覧会(西浜博)2017―未来につなげよう地域の宝―」として各種イベントが開かれる。

実行委員会(委員長=奥津尚宏浜友会会長)が主催。西浜博は10年前の平成19年にも「みんなで地域の宝探しを」をテーマに開催。今回は、記念の年に合わせて、生徒や同窓生に地域を愛する気持ちを持ってもらい、活性化を願って「いい!大人と子どもでつくるわが街“西浜”」をキャッチフレーズに、地域に根付いたさまざまな活動を展開する。

12日は午後1時半から同校体育館で開会式典を行い、創立記念碑が除幕される。その後は、校内や校区の清掃、名所や史跡などを歩く「地域の宝めぐりウォーク」、水軒堤防からの花火観覧、はまゆうサマーフェスティバル、シンポジウム開催、作文の募集などのイベントが予定されている。

詳しくはホームページ(http://www.maroon.dti.ne.jp/hamayuuk/)で。問い合わせは奥津会長(℡090・9620・7040)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね