本気で造る本格梅酒 中野BC仕込み始まる

次々とタンクに梅を漬け込む職人

「梅の日」の6日、海南市藤白の中野BC㈱(中野幸治社長)で梅酒の仕込みが始まった。この日から約1カ月間かけて、南高梅約500㌧をタンク42基に漬け込む。

朝摘みされた南高梅から出る爽やかな果実の香りと、アルコールの匂いに包まれた梅酒蔵で6人が作業。初日の漬け込みは南高梅約10㌧を使い、みなべ町の農家などから入荷された新鮮な梅の実を、醸造アルコールや砂糖などが入ったタンク(高さ4・2㍍、直径2・6㍍)へ次々と投入していった。

今季は気温が低く雨が少なかったため、例年よりもやや実が小ぶりという。

例年通り、県内の酒造会社で最大規模の約140万本分(720㍉㍑換算)を仕込み、このうち一部は、早くてことし12月に新酒「梅酒ヌーボー」として出荷。熟成させるなどして、来年の秋ごろには国内各地をはじめ、中国や香港、オーストラリアなど20カ国に出荷予定という。

梅酒造りを統括する「梅酒杜氏」の山本佳昭さん(47)は「生産者から供給していただけることに感謝し、責任も感じます。本気で造る本格梅酒を皆さんにしっかりと味わってもらえるよう、いい梅酒に仕上げたい」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。