シカとマーラの赤ちゃん お城の動物園に

白い斑点が特徴のシカの赤ちゃん

元気いっぱいのマーラの赤ちゃん

元気いっぱいのマーラの赤ちゃん

和歌山市の和歌山公園動物園で、シカとマーラの赤ちゃんが1匹ずつ誕生し、愛らしさを振りまきながら、すくすくと育っている。

シカの赤ちゃんは5月30日に誕生。シカ舎で公開されており、午前中を中心に、木陰で母親に母乳をもらう姿を見ることができる。日差しが強い日中は、小屋の中に入っていることが多いという。

マーラの赤ちゃんは5月19日に誕生。体が小さいうちは野鳥などから攻撃される危険があるため、母親と共に隔離してきたが、現在は体長20㌢ほどまで育っており、安全対策をして、10日に公開を開始する予定。

市和歌山城整備企画課は「動物園に仲間が増えました。今後の2匹の成長を優しく見守ってください」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。