ブライダルに人気 巨大ペーパーフラワー

華やかで存在感あるジャイアントフラワー

梅雨の晴れ間、開くのは巨大な花の傘? これは紙で作ったペーパーフラワーで「ジャイアントフラワー」と呼ばれるもの。ブライダル業界を中心に、演出アイテムとして全国的に人気という。

和歌山市西ノ店にある、造花とプリザーブドフラワーの専門店「さんくらふと」では、クレープ生地のように加工した和紙で仕上げたジャイアントフラワーを販売・レンタルしている。

花の形は同店のオリジナルで、大きいもので直径80㌢。巨大な花は存在感も抜群で、昨年ぶらくり丁内で開かれたイベントでは、参加者が手作りして注目を浴びたそう。

披露宴では、ブーケ代わりに入場シーンに使ったり、会場に飾ったり。「まるで絵本の世界のよう」と、写真撮影や演出で人気。同店では、手作りしたい人にも指導しており、中には結婚を控えた花嫁と母親も。「おとぎ話の主人公や、妖精になったような気分を味わえます。人とはちょっと違った、こだわりの演出がしたい人はぜひ」と呼び掛けている。

問い合わせは同店(℡073・431・1996)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。