コーヒーフェス 高野線8駅周辺で24、25日

関西を中心に全国のこだわりのコーヒー店が集まり、飲み比べを楽しむことができるイベント「ジャパンコーヒーフェスティバル2017in紀伊」=写真=が24、25日の午前7時から午後4時まで、南海高野線・九度山駅から高野山駅までの8駅の周辺施設で開かれる。

「日本のコーヒー文化を世界に発信!」を掲げて日本コーヒーフェスティバル実行委員会(川久保彬雅代表)が開いているイベントの第5回。各会場にはコーヒー店とコーヒーに合うパンや焼き菓子などを提供する店、地域の物産を取り扱う店が並ぶ。一部の会場では音楽、マジック、大道芸などのライブも実施。コーヒーを通じてコミュニケーションの場を創出する。

特製パンフレット付きの前売り券は23日まで、全国のチケットぴあやコンビニエンスストアで販売しており、5杯1800円など3種類がある。当日券は難波駅と九度山、高野山各会場で販売。

南海電鉄は、会場がある8駅の区間が一日乗り放題となるフリー乗車券「コーヒーフェスティバルチケット2017」を、当日の九度山会場で販売する。

詳しくは実行委ホームページ(http://www.japancoffeefestival.com/)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。