仲良しカルガモ親子 太田地区の旧大門川で

親子で移動するカルガモ

カルガモの親子が、和歌山市太田の旧大門川周辺に現れ、愛らしい姿で付近の住民らの目を楽しませている。

同川では現在、和歌山市が、浄化を目的としたU字構の整備などを進めている。整備に伴い川の環境が良くなり、接続する大門川からカルガモの親子が移動してきたとみられている。

太田東自治会の小西正太郎会長(71)は「川の整備も進めてもらっているので、カルガモの親子だけでなく、地域の子どもたちにも愛される川になってほしい」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。