会派を超えた画家集団 24日まで青甲会展

個性あふれる作品が並ぶ会場

会派を超えた画家集団「青甲会」(坂口卓平代表)の第71回展が24日まで、和歌山市の県民文化会館で開かれている。

同会は昭和21年に結成された歴史ある会。独立や新制作、新世紀、示現会などさまざまな美術団体に所属するメンバー20人が、油彩画の大作を中心に具象や抽象画33点を出品している。

会場には、悠久の時間を感じさせる坂口代表の「貝の詩」をはじめ、舞い踊るような楕円をモチーフに、爽やかな配色で表現した湯川雅紀さんの抽象画、赤ん坊が上空を浮遊する不思議な空間を描いた松山敏彦さんの作品が並ぶ。

由良町の古曽成樹さん(60)は、雨のやみ間の樹木に埋め尽くされた山頂や、身近な春の里山を描いた作品を出展。

「この会のメンバーは個性や持ち味もさまざまで、大きな刺激になる。個人的には、目に見えない温度や湿度までも表現できたらと思います」と話し、来場した海南市の画家・東由紀男さんは「体で感じ、自然と一体にならなければ、これほどの絵は描けないでしょうね」と古曽さんの作品に見入っていた。

午前10時から午後5時(最終日は4時)まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね