ご当地バーガー初の殿堂入り 3連覇のカワ

里山のジビエバーガー

地元食材を使ったご当地バーガー日本一を決める「とっとりバーガーフェスタ」で、広川町のパン製造業㈱カワ(川良弘社長)が3年連続でグランプリを獲得し、同大会初の殿堂入りが決まった。

パンに県産梅を挟んだ「まるごと!?紀州梅バーガー」は平成26、27年に2年連続でグランプリを受賞。県産梅の需要拡大を目的に、梅の新たな使用方法を国内外に提案し、32万個を売り上げた。

28年には、県で課題となっている獣害問題にジビエの流通と商品化を絡めた「里山のジビエバーガー」を新たに出品。古座川町産のシカ肉を使い町と共同開発した商品で、豊かな自然と命の大切さを訴え日本一に選ばれた。

いずれも官民一体の取り組みで生まれた商品で、県産品を守るとともにその魅力を発信するもの。商品が地域にもたらす潜在性も高く評価された。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。