和駅前にシェアオフィス 初の防音対応も

24席あるラウンジスペース

JR和歌山駅前に、使い勝手の良いシェアオフィス「S*PLACE(エス・プレイス)和歌山駅前」が誕生する。和歌山県和歌山市友田町の山植ビル3・4階に開設されるシェアオフィス・コワーキングスペース(共有オフィス)は、防音設備や充実した共有空間があり、多様なニーズに対応できると注目されている。防音対応のシェアオフィスは市内で初めて。

同施設には防音対応が8室(6・3平方㍍~14・7平方㍍)、商談用2室の他、会議室、コワーキングスペース、ロッカー、喫煙室などがあり、インターネットも完備しており㈲山植美容室(同市友田町)が運営。名古屋駅前でシェアオフィスを運営するS*PLACEが協力する。

入居者の入れ替わりに伴い、同美容室に工事を依頼された名古屋の内装業者が、名古屋駅前のS*PLACEの利用者で、同ビルに設置されていた防音個室の設備をそのまま生かせる事業として、シェアオフィスの開設を提案した。

9月30日に開かれた内覧会でS*PLACEの石田陽之マネージャー(41)は「ビルのオーナーはシェアオフィスのノウハウをお持ちでないので、入居者の募集方法や契約内容の周知に関する業務をサポートしている」と話していた。

石田さんによると、名古屋郊外の自宅で開業した税理士が1年後、駅前のシェアオフィスで業務を始めたところ、新規顧客が増え、順調な経営ができるようになったという。

同施設は防音対応により、守秘を求められる業務士業や、音楽・語学教室の指導者からのニーズが高いと考えられ、10月中旬から運用を開始する予定。
問い合わせは同社(℡052・589・8837)、または石田さん(℡090・7540・7726)へ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね