サックス本多さんと共演 高校生と練習

合同練習を終えた本多さん(中央)と星林高吹奏楽部

プロのサックスプレーヤーと、和歌山県内の中学・高校の吹奏楽部が共演する「本多俊之DINOSAXwith吹奏楽〝集まれ仲間たち〟コンサート」が11月19日、和歌山市小松原通の和歌山県民文化会館で開かれる。午後6時から。
「わかやまワッパプロジェクト」が主催で8回目の開催。青少年を中心とする県民が、共に音楽を演奏することで技術の向上を目指し、「和」の心を育むのが目的。同プロジェクトは海南市安養寺の長谷川義則住職を中心に、親子や地域の絆を大切にしようと活動している。
本多さんはこのほど、和歌山市砂山南の県立和歌山商業高校と同市西浜の県立星林高校を訪れ、両校の吹奏楽部と合同練習を行った。
星林高校で練習を終えた本多さんは「演奏の完成度が高いことに驚いた。本番は早いテンポでノリノリで演奏してほしい」と話した。
吹奏楽部部長の岩本愛都さん(17)は「本多先生からアドバイスされた方向にしっかりとまとまっていきたい」と笑顔だった。
演奏会当日は正午から4時まで、音楽クリニック公開リハーサルも開かれる。
チケットはクリニックが一般前売り2000円、当日2500円。高校生以下前売り1500円、当日2000円(全席自由)。コンサートが一般前売り2500円、当日3000円。高校生以下前売り2000円、当日2500円。
予約・問い合わせは同プロジェクト代表長谷川さん(℡090・2380・7524)へ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。