子どもの虐待なくそう 11月キフパン6年目

キフパンをPRするHMLメンバーと参加店のオーナー(前列右が寺村代表)

パンの売上の一部が子どもの虐待防止活動に寄付される「キフパン」が児童虐待防止推進月間の11月1日~30日、和歌山県の和歌山市や紀の川市など四つのパン店で行われる。御坊市を中心に子育て支援や虐待防止活動に取り組むHML(ハミル=ハッピー・ママ・ライフ、寺村多喜代表)の取り組みで、6年目を迎える。

キフパンは、参加各店の対象商品を購入すると、売上の10%がHMLに寄付され、子どもへの暴力を防止するプログラム「CAP」のワークショップ実施費用に充てられる。

CAPは、暴力についての正しい知識や考え方、子どもを暴力から守る方法などを学ぶもので、子ども、大人、教職員の3者向けのワークショップがある。昨年は1カ月で2万2702円の寄付が集まり、有田市立箕島小学校でのワークショップが実現した。

取り組みは平成24年、HMLメンバーの中道幸代さんが友人で「ボナペティ ヤナギヤ」(御坊市薗)のオーナー、宮所忠喜さんに協力を呼び掛けて始まり、和歌山市などのパン店にも広がって3年目。今回は、ヤナギヤと「パンプラス・クルトン」(和歌山市久保丁、山本友理オーナー)、「パン・ド・パニエ」(紀の川市西大井、東直樹オーナー)、「FieldsR」(有田市初島町里、坂口理浦子オーナー)の4店が協力する。

今回が初参加のFieldsRの坂口さんは「頑張っている皆さんと一緒に取り組みたい。店にとっても、こういう形で協力できるのはありがたく、素晴らしいアイデアだと思います」、寺村代表は「子どもへの暴力をなくす取り組みを知ってもらい、実際にワークができることに意義があります。買ってくださる皆さんの社会貢献にもつながり、ウインウインの事業です」と話している。

問い合わせは事務局の竿本さん(℡090-3700-7478)。キフパン対象商品は次の通り(価格は税込み)。
【ヤナギヤ】パン・オ・ルージュ(赤ワインパン)=129円▽営業時間=午前7時半~午後8時半、年中無休
【クルトン】おとふちゃん・4個セット=216円▽午前7時半~午後7時、月・火・水曜定休
【パン・ド・パニエ】メロンパン=140円▽午前7時半~午後7時半、日曜定休
【FieldsR】塩バターパン=129円、メロンパン=140円▽午前10時~午後5時、土曜のみ営業

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。