和歌山リビング新聞社が創刊した 「リビけん」って何だ?

「リビング和歌山」や「Lism(リズム)の発行でおなじみの和歌山リビング新聞社は、和歌山の健康づくり情報紙「リビけん」を11月20日に創刊しました。

長寿大国になった日本。長生きすることは喜ばしいことですが、支援や介護を必要とする期間が長いと本人はもちろん、家族も大変です。では、いきいきとした毎日をいつまでも過ごすためには、何をすればいいのか? そんな悩める健康志向の高い和歌山人のために創刊されたのが「リビけん」なんです。

創刊号は、第2の脳とも呼ばれる「腸」を特集。日本赤十字社和歌山医療センター副院長の山下幸孝さんが、腸疾患が増えている現状や、快調な腸を保つために、どのような食生活を送ればいいかを話します。

また、健康長寿日本一を目指すために活動中の「わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム」についてもリポート。その他、健康に関する情報を分かりやすく掲載し、和歌山リビング新聞社が企画する読者参加の「リビけん健康イベント」の案内もあります。

タブロイド判、8ページ、無料。同社主催イベントの来場者、健康づくりに関連する任意の団体やサークルなどから直接入手することができます。設置場所については、リビけんのホームページに掲載しています。

【ホームページ】
http://元気なリビけん.jp

【問い合わせ】
TEL:073-428-0281 和歌山リビング新聞社(月~金曜午前9時半~午後6時半)

記事元: 和歌山リビング新聞社 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね