ふるさと納税で貸切パーティー 市役所食堂

返礼品で夜間パーティーが開ける「十四階農園」(和歌山市提供)

和歌山市のふるさと納税「元気わかやま市応援寄付金」の返礼品に11日、市役所14階のレストラン「十四階農園」の夜間特別パーティー券が追加された。貸し切りで和歌山城の夜景と料理を楽しむことができる。
同レストランは平成27年5月にオープン。ランチタイムを中心に昼のみ営業しており、ビュッフェ形式で約50品目の料理が味わえる。
ふるさと納税は、自分が選んだ自治体への寄付額のうち2000円を除いた分が所得税・住民税から控除される制度。
市財政課によると、昨年度に市へ寄せられたふるさと納税は約8412万円。市外在住の人が1万円以上の寄付をした場合に返礼品を贈っており、和歌山ラーメンのセットやニット製品、生マグロなどの特産品が用意されている。
市により興味を持ってもらおうと、普段は見られない14階からの和歌山城の夜景の美しさを体感できるプランを返礼品に追加した。
パーティーは37万5000円以上を寄付した人が対象。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」(https://www.furusato-tax.jp/)から申し込む。
同課は「和歌山にとてもきれいな景色があることを知ってもらいたい。パーティープランを活用してもらえたら」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね