光のクリスマスにぎわう フェスタルーチェ

幻想的な光に包まれカップルらでにぎわう会場

和歌山県和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで開催中のイルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」は23、24日、クリスマスイブを含む冬休みの連休となり、カップルや家族連れでにぎわった。
24日はあいにくの雨となったが、天候にも恵まれた23日は開始の午後5時前からチケットを求める来場者が長い列を作り、日暮れとともに会場内は人と光でいっぱいに。プロジェクションマッピングやクリスマスマーケット、31日まで会期延長中の絵本原画展「えんとつ町のプペル 光る絵本展」なども人であふれた。
来場者は、ポルトヨーロッパの南欧風の建物や木々、遊園地のアトラクションなどを包む色とりどりの明かりに見入り、カメラやスマートフォンを手に幻想的な光景を写真に収めていた。
1月28日まで。午後5時~9時(入場は8時半)。8日までは毎日、9日以降は金土日曜の開催。詳しくはホームページ(https://www.festaluce.jp/)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね