世代を超えて交流 絵本とわたしの物語展

600冊の絵本が並ぶ会場

国内外の絵本を集めた「絵本とわたしの物語展」が7日、和歌山県和歌山市小松原通の県民文化会館展示室で始まった。11日まで。
創価学会「絵本とわたしの物語展」県実行委員会が主催し、本紙などが後援。大人向けの絵本から子どもの頃に読んだベストセラー絵本まで600点を読むことができる全国巡回展。
展示は3部構成。ナンセンスなストーリーやアート性の高い大人が楽しめる絵本を紹介する「あなたの知らない絵本の世界」、昭和から平成の時代を白黒テレビや野球盤といった生活用品やおもちゃとともに振り返る「よみがえるわたしの物語」、トリックアートで『不思議の国のアリス』の世界を体験し、記念撮影ができるコーナーや、デジタル技術で『花咲かじいさん』の疑似体験ができる体験コーナーを展開している。
オープニングセレモニーでは、中林英樹県実行委員長が「絵本は子どものものと思われがちだが、中高生や大人にも読み聞かせが好評になっている。世代を超えた交流を深められるような展示を作りました」とあいさつ。来賓の仁坂吉伸知事は「子どもが育つ上で絵本は大きな意味を持つ。子どもがどう関わり、人間性を養ってきたか、それが『わたしの物語』につながるのではないか」と祝辞を述べた。テープカットの後、来場者は気になった絵本を手に取り本の世界を楽しんでいた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。