紀州路に名車 ラ・フェスタ・プリマベラ

往年の名車がことしも紀州路へ――。クラシックスポーツカーの公道ラリー「ラ・フェスタ・プリマベラ2018」が13~16日、近畿・東海2府5県の約1100㌔のコースで開かれる。和歌山県内が舞台となるのは14日午後から15日午前にかけて。今回もタレントの堺正章さんやラリードライバーの篠塚建次郎さんら著名人を含む66台が出場する。
北イタリアの古都ブレシアで1927年に誕生した伝説的レース「ミッレ・ミリア」にちなんで2009年に始まり、ことしで10回目の記念大会を迎える。ルート上に点在する名所旧跡を訪ねるスタンプラリー形式で、県内がルートとなるのは8回目。第4回から和歌山市にスタンプポイントが設置されている。
参加できるのは、ミッレ・ミリアの参加車や63~67年の日本グランプリ参加車、19~72年製造の国内外のスポーツカーなどに限られる。古い車両は1920年代、新しいもので60年代後半の製造という芸術品ともいうべき名車が実際に走る姿が見られる。
13日午前8時に名古屋市の熱田神宮をスタートし、16日夕刻に京都市のウェスティン都ホテル京都に至るコース。14日午後からレースの舞台となる県内は、田辺市本宮町から白浜町へと紀伊半島を西に横断した後、和歌山市へと北上する。本紙エリアの通過ポイントは、海南市役所(通過予定時間=15日午前9時~10時)、和歌山市の島精機製作所(9時40分~11時10分)に設けられている。
走行ルートなど詳細は公式ホームページ(http://www.lafesta-primavera.com/2018/index.html)で。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね