図書館棟など起工式 市駅再開発2期工事

あいさつする遠北社長

南海和歌山市駅周辺の再開発事業で、南海電鉄(遠北光彦社長)や和歌山市が進める計画が第2期工事に入り、18日に同市屏風丁の新市民図書館建設地で起工式が行われた。
建設されるのは、湊本町から移転する市民図書館が入る5階建ての公益施設棟の他、飲食・物販・サービス店舗などを含んだ3階建ての商業棟、12階建てのホテル棟の3棟。延べ床面積は合計で約2万4000平方㍍となっている。6月に供用開始予定の駐車場棟の建設や、これまでの建物解体を含めた第2期工事全体の事業費は約120億円を見込む。
第1期工事では昨年3月にオフィス棟が完成し、7月には駅構内の改札口を2階から1階へ移動。今後は2019年秋に公益施設棟が、20年春にホテル・商業棟が供用開始を予定している。
起工式には市や南海電鉄、設計・施工の関係者ら約50人が出席。遠北社長がこれまでの計画の進行状況や今後の予定を説明し、「市駅の一連の活性化計画が今後市街地の活性化の基盤となるように努力したい」とあいさつ。尾花正啓市長は「全体が完成した時には市や関西方面だけではなく、関西国際空港、海外からの大きな玄関口となる。また図書館だけでなく商業棟を含めて市民のにぎわいの大きな拠点となることを期待している」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね