球児の夏100回を紹介 スポーツ伝承館

ユニホームや写真が並ぶ会場

和歌山県和歌山市本町のフォルテワジマ3階「わかやまスポーツ伝承館」で27日まで、高校球児が残した試合の記録などを紹介する企画展「和歌山から甲子園へ~語り継ぐ100回の夏~」が開かれている。

全国高校野球選手権大会の第100回を記念した企画で、高校野球の魅力を発信することを目的に開催。会場には和歌山大会を含む写真パネル約100枚や夏の甲子園に出場した高校の優勝盾、メダル、試合で使ったグラブやバットなどを展示。県の代表校が甲子園で激闘を演じた帝京(対智弁和歌山、2006年)や星稜(対箕島、1979年)といった対戦校のユニホームも写真とともに展示している。

また来館者が高校野球の思い出や球児への応援メッセージを寄せるボードも設置しており、新調前の和歌山大会優勝旗を持って記念撮影もできる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。