全国制覇の夢ならず 智弁が近江に逆転負け

全国制覇の夢が破れ、肩を落とす文元主将㊧ら

第100回全国高校野球選手権記念大会は3日目の7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦4試合が行われ、第2試合で県代表の智弁和歌山が近江(滋賀)と対戦し、序盤に2点を先制するも中盤に逆転され、3―7で敗れた。選抜大会の雪辱となる全国制覇の夢はならなかった。

◇1回戦
近江
000210031 7
020000001 3
智弁和歌山
〔近〕松岡、林、佐合、金城―有馬〔智〕平田、小堀、池田陽佑―東妻▽本塁打=北村2、山田(近)

智弁は2回裏、四球と安打で1死1、2塁とし、東妻が中前に適時打を放って1点を先制。続く平田が一塁前にスクイズを決め2点目を挙げた。

先発の平田は3回まで相手に得点を許さない順調な立ち上がりだったが、4回に2点本塁打を浴びて追い付かれると、5回にも勝ち越しを許すソロ本塁打を浴びた。その後6、7回は無失点で押さえたが、8回表に2死3塁から右前適時打で1点を失い、北村に4回の同点本塁打に続く2点本塁打を打たれた。

打線は5回裏に2死満塁の好機をつくったが冨田が二ゴロに倒れ無得点。その後も走者のけん制死や盗塁死などで打線がつながらず、相手の継投の前に強力打線が封じられた。9回裏に本多の左犠飛で1点を返し意地を見せたが、後が続かなかった。

髙嶋監督は「大事なところでミスをしてしまい、相手にリズムがいってしまった。慌てずに追い付こうとしたが、クリーンアップを中心に打線が相手投手にタイミングを合わせることができなかった」と振り返り、文元主将(3年)は「日本一を取るつもりだったので悔しい。タイミングが合ってきたなと思ったところで相手に投手を代えられ、苦しい試合だった。中軸が好機で打てなかったことが敗因。後輩たちには自分たちが逃した日本一を達成してほしい」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね