和歌山ラーメン味ポテチ カルビーが発売へ

下副知事㊧に商品を手渡す江原上級副社長執行役員

スナック菓子大手のカルビー㈱(東京)が、ご当地ポテトチップス「和歌山ラーメン味」を開発した。豚骨風味としょうゆの旨味が特徴の和歌山ラーメンの味を再現。近畿6府県のスーパーやコンビニエンスストアなどで29日から数量限定で販売する。

47都道府県の「地元ならではの味」を開発する同社の「♥JPN(ラブジャパン)」プロジェクトの一環。昨年度の「はちみつ南高梅味」に次ぐ2度目の和歌山のご当地商品となった。ネット上で募集した味の案をもとに、試作段階では和歌山県庁職員も協力した。ワークショップや試食会を開きアイデアを出し合うなど、共同で開発に取り組んだという。

昨年10月に企画してから、完成までに20~30回試作を重ねた。豚骨風味としょうゆ、塩味の程よい配分調整に苦労したという。パッケージにはラーメン屋をイメージしたのれんとちょうちんをあしらい、県観光PRキャラクターの「わかぱん」も登場。裏面では白浜のパンダを紹介し、県の魅力発信にも一役買っている。

9日、県庁を訪れた同社の江原信上級副社長執行役員は、下宏副知事に商品を贈呈。「この味で和歌山を大いに盛り上げたい」と話した。試食した下副知事は「ラーメンの味がする。おいしい」と満足そうだった。

1袋55㌘。価格は120円前後。30万袋を販売する。なくなり次第終了。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。