あらぎ島

清水地区の蘭島(あらぎじま)は、舌状の台地をなしており、2~10aほどの大小の水田54枚が階段状の扇形に開かれています。この河岸段丘は高野山を源とする有田川の浸食がもたらしたものです。ここでは、江戸時代初期に開田され、稲作が行われてきました。国道480号線から眺めると水田から吹き抜ける涼風が心地よく、四季それぞれに美しい景色が楽しめます。日々、とりどりの緑と背景が醸し出す色合いが織りなす景色は、残しておきたい和歌山の季節感です。

 

交通アクセス

阪和自動車道 有田IC下車
県道22号線(吉備金屋線)を約5km東進
有田川を渡り信号を右折
国道480号に入り、さらに約26km東進し、道の駅「あらぎの里」交差点を左折
有田ICから車で約60分

詳細情報