一の橋

弘法大師御廟に向かう参道入口で最初に渡る橋なので、一の橋と言われます。正式には大渡橋(おおばし)と言われ、昔から、お大師様が人々を、ここまで送り迎えしてくれると言い伝えられ、今でも、この橋の前で合掌一礼してお参りします。出典:高野山宿坊協会

住所

和歌山県伊都郡高野町高野山