東の宮恵美須神社

十日戎イメージ

◆十日戎について

一月十日の夷講。関西では「えべっさん」と親しまれ商売繁盛の神として知られています。

photo

 七福神にも組み込まれ、いまや大黒様と並び称されるほど、日本の代表的な福の神となっており、恵美須祭りは一月十日の初戎を中心に、九日の前夜祭の宵戎から、十一日ののこり戎まで盛んなにぎわいを見せます。

◆参拝の作法(二礼二拍手一礼)

1.まず、二礼(2回深くお辞儀)します。

2.次に、二回、拍手を打ちます。

3.最後にもう一度深くお辞儀します。

◆縁起物

縁起物を神棚や店先に飾ると、その年1年間の商売繁盛がかなうといわれています。また、前年の商売が繁盛した場合、感謝を込めてもう一回り大きな縁起物を買うのが良いとされています。