勝利寺

世界遺産高野山町石道沿い、慈尊院の近くにあり、弘法大師(空海)が42才の時に厄除け祈願の為、十一面観音を奉納されたことから、厄除観音として信仰されてきました。仁王門をくぐると正面に十一面厄除観音菩薩の本尊を祀る観音堂があり、その右側には地蔵堂、左側には大師堂が建っていて江戸時代初期の堂々とた佇まいが残っています。
また、この勝利寺はスポーツや勝負事に勝つことを祈願する寺としても広く親しまれています。

詳細情報

http://www.ticwakayama.jp/detail/index_582.html

和歌山県伊都郡九度山町慈尊院749

拝観時間 9:00~17:00