ロカルわかやま

Loading Loading...

HOME 特集 【2024年最新】あら川の桃が買える直売所! 好みのお店を見つけて【和歌山県紀の川市】

【2024年最新】あら川の桃が買える直売所! 好みのお店を見つけて【和歌山県紀の川市】

公開日 2024.06.25

地元民はもちろん、他府県からも多くの人が買い求める、「あら川の桃」。6月中旬~8月にかけて、各農園が切磋琢磨し作った桃が、店先に並びます。

今回は、昨年ロカルわかやまに掲載した直売所5選からパワーアップ! 数ある「あら川の桃」直売所の中から、9軒をチョイスしてみましたよ。

26軒からお気に入りの生産者を見つけよう!

あら川の桃直売所 1号店(第一桃生産組合)

「あら川の桃直売所 1号店」は、26軒の生産者が集まっている大きな直売所です。各農家により、早く収穫できる畑や、遅い時期に収穫できる畑を持っています。だからこそ、量も質も安定しているのが特徴。より長く、さまざまな品種を楽しめます。

「せっかく遠くから来たから、絶対に桃を買って帰りたい!」という気持ちからか、特に県外ナンバーが目立つ直売所です。

「あら川の桃直売所 1号店」から車で2分の距離に、「あら川の桃直売所 2号店」という直売所もあります。「あら川の桃直売所 1号店」では、茶箱の購入のみに整理券が必要で、白箱は整理券がなくても購入可能!

9:00にオープンしますが、整理券の配布は8:30から始まります。整理券を求めて、朝6:00に並び始める方もおり、土日は4時間待ち、なんて日もありますよ。

茶箱は、A品18個入り(1500円)から。茶箱とは、傷などがある桃を、自宅で楽しむための桃。購入した日に食べきることが推奨されています。

白箱には”優品”と”秀品”があり、その差は素人目ではなかなか分かりません。写真のような赤い斑点があったり、日焼けの小傷が見えるなど。”優品”は22玉入りで2500円から、”秀品”は2L8玉入りで3400円からです。

生産者に話を聞いてみると、茶箱と比べて特におすすめなのが白箱の”優品”なのだそう。茶箱よりも大玉で、翌日や翌々日まで楽しめ、コスパがいいとのこと! 要チェックですね。

販売されている箱にはそれぞれ”生産者名”が印字されています。「去年買って美味しかった、あの生産者から買いたい」というお客さんもいるのだとか。お気に入りの生産者を探せるのは、たくさんの生産者が集まっている「あら川の桃直売所 1号店」ならではの楽しみ方です。

桃の買い方や品種など、分からないことがあったときは、黄色いエプロンのスタッフに話しかけてください。贈答品の相談や桃の美味しい食べ方など、なんでも相談できるのだそう。

茶箱や”優品”の白箱は、午前中に訪れないと購入できない可能性がありますが、贈答用の白箱”秀品”は、午後の来店でOK。ゆっくり落ち着いて選ぶのがおすすめですよ。

名称 あら川の桃直売所 1号店(第一桃生産組合)
所在地 和歌山県紀の川市桃山町市場423-10 地図
電話番号 0736-66-2181
駐車場 あり
web https://www.arakawadaiichi.com/
Instagram @arakawadai1

あら川の桃直売所 2号店(第一桃生産組合)

「あら川の桃直売所 1号店」から、東方面約1.2kmの位置にある「あら川の桃直売所 2号店」。1号店と同じ、大きな桃の看板が目印です。

運営母体は、「あら川の桃直売所 1号店」・「あら川の桃直売所 2号店」ともに「第一桃生産組合」。そのため、基本的に卸される商品は同じです。

26軒の生産者で、13軒ずつ「今日は『あら川の桃直売所 1号店』に商品を卸す」・「明日は『あら川の桃直売所 2号店』へ商品を卸す」と交互にローテーションを組んでいるそう。お目当ての生産者の桃がどちらかの直売所にない場合は、異なるもう1軒を訪れてみてくださいね。

「あら川の桃直売所 2号店」で桃を購入したい場合は、店舗向かって右側にある受付用紙に記入をしてください。受付後、名前もしくは番号札の番号が呼ばれますが、呼ばれたときその場にいなければ、キャンセル扱いとなるのでご注意を。ぜひ、店舗前で待っていてくださいね。

茶箱の購入を希望する場合は、受付時に番号札をもらいます。順番が来ると、番号札の番号を呼ばれますよ。店内は茶箱エリア・白箱エリアに分かれており、白箱エリアに入りたい場合や、白箱と呼ばれる贈答品の桃・手提げの桃を購入したい場合は、受付時の名前を呼ばれます。1組あたり1名のスタッフが付き、好みや食べたいタイミングに応じてアドバイスをしてくれます。購入する桃を、ゆっくり吟味することができますよ。

名称 あら川の桃直売所 2号店(第一桃生産組合)
所在地 和歌山県紀の川市桃山町元156-9 地図
電話番号 0736-66-2181
駐車場 あり
web https://www.arakawadaiichi.com/
Instagram @arakawadai1

自転車乗りにもおすすめ!
桃スムージーや新商品のももグルソフトも

丸駒農園

特に「白鳳」に力を入れている丸駒農園。朝イチで来店する方が多く、12時で売り切れてしまうこともあるそう。駐車場は店前に3台と少なめですが、「紀の川サイクリングおもてなしスポット」に選ばれており、自転車に乗る方が多く立ち寄る直売所です。

人気の「茶箱」(1500円)は1組あたり2箱まで購入可能。そのほか、白箱はもちろん、4~5玉入っている「パック盛」(800円)や、手土産に嬉しい「手提げ箱(5〜6玉入)」(1800円~2000円)など、販売形態が豊富で選びやすいのも嬉しいポイントです。

直売所の隣は土曜日のみ営業しているカフェ(桃販売開始~お盆前まで無休)になっています。店内では地場産のフルーツを使用した自家製ジャムや、ドライフルーツが販売されており、おすすめは「ももスムージー」(450円)。加工用の桃を使用したスムージーで、ひんやりと染み渡る美味しさは、暑い夏にぴったりです。

そして、今年新商品として登場したのが「ももソフト」(500円)と「ももグルトソフト」(450円)。「ももソフト」は桃のさっぱりとした味わいで、「ももグルトソフト」は桃の甘みとヨーグルトの酸味がマッチした、すっきりと味わえるソフトクリームになっています。「ももスムージー」と合わせて、要チェックです!

名称 丸駒農園(まるこまのうえん)
所在地 和歌山県紀の川市桃山町元69-6 地図
電話番号 0736-66-2765
営業時間 10:00~16:00
定休日 桃販売開始~お盆前まで無休(桃が無くなり次第終了)
駐車場 あり(3台)
web https://www.marukoma-momo.com/
Instagram @marukomanouen

涼しい店内でじっくり桃を吟味!
桃ジェラートもおすすめ

室谷青果

ジェラート店が併設している直売所「室谷青果」。手さげの桃は1500円~です。あったらラッキーの茶箱は、1300円~。見かけたら、ぜひチェックしてくださいね。

店先には、自宅用の桃のほか、一級品の桃も並べられています。贈答用の桃は、店先の桃を見本として、店内に入ってみることができますよ。

涼しい店内には、贈答用の桃がずらりと並んでいます。贈答用の桃は、2kg3800円~。桃の甘い香りが漂う店内で、じっくりと桃を選ぶことができますよ。

「室谷青果」は3代続く桃農家で、「あら川の桃」直売所をいち早く営業し始めたのが、初代となる室谷カオルさん。桃の化粧箱ひとつひとつに、カオルさんの「カ」から取った屋号が印字されています。

併設店舗で販売されているジェラートは、シングルが400円・ダブルが500円、桃フラッペが600円です。「室谷青果」の桃を贅沢に使用しており、さっぱりと味わえますよ。

名称 室谷青果(むろたにせいか)
所在地 和歌山県紀の川市下井阪122-3 地図
電話番号 0736-77-6181
営業時間 9:00~17:00
定休日 6月中旬~8月中旬は無休
駐車場 あり
web https://murotanimomo.shopselect.net/
Instagram @murotani_seika

微生物土壌改良材(バクタモン)を使ったこだわり桃!
1日5組限定の”桃狩り”も

マルミ農園

75年以上、桃を作り続けてきた「マルミ農園」。宮村貞好さんが2代目で、両親から継いで16年になります。個人宅への「産地直送品」を主として、「訳あり品」を茶箱や手さげ箱で販売しています。PayPay対応可能です。

宮村さん曰く、今年は特に甘い出来になっているそう。その美味しさから、「ふるさと納税返礼品」にもなっており、約1000ケースを出荷しています。

微生物土壌改良剤を使用し、独自製法となっている「マルミ農園」の桃は、実が大きく糖度が高いのが特徴です。その大きさは、「超特大桃生産賞」を受賞したこともあるほど。昨年は、1玉770gの桃があったそう!

直売所そばの駐車場からは、「マルミ農園」の桃の木が見えます。なんと、こちらの農園では今年から桃狩りをスタート! 手さげ1箱(6玉)3000円で、1日5組限定です。電話予約は午後から可能で、体験時間は収穫が落ち着く13:00~15:00の間のみ。手さげ箱の中に好きな6玉を採ることができ、どんな大きさの実でもOK。秀品が3玉で3300円~であることを考えると、とってもお得です。2人で訪れて、3玉ずつ収穫することもできますよ。

名称 マルミ農園
所在地 和歌山県紀の川市桃山町段新田456 地図
電話番号 0736-60-3194
営業時間 9:00~15:00
定休日 桃販売開始~お盆前まで無休(桃が無くなり次第終了)
駐車場 あり
メール info@maruminouen.net
web https://maruminouen.net/

500円~1万円まで幅広い価格帯!
マンゴーのようなレア桃あります

八旗農園

次から次にお客さんが来る人気の直売所「八旗農園」。500円のカゴ盛りから、テレビにも取り上げられた最高級の桃「満天桃」3玉1万円まで、幅広く用意されています。「満天桃」に合格する桃は、全収穫量の約5%! 贈答品として人気で、海外からも取り寄せられています。

お土産にも人気な手さげは1000円~、白箱はもちろん、「八旗農園」で特に人気なのがB級品のカゴ盛りです。カゴ盛りの販売開始は、9:00と13:00の2回。時間に合わせてお客さんが詰め寄せていました。

「八旗農園」で販売されている桃の品種は全部で8種類! おおよそ2週間おきに品種が変わるため、好みの品種を探してみてくださいね。中には、少量生産品種で、収穫時期が7月中旬~7月下旬までと、とても短い「つきあかり」という品種があります。糖度が高く、マンゴーのような食感! そんなレアな品種も、B級品となった際にはカゴ盛りに入るそう。何度も通って、ぜひゲットしたいものです。

「八旗農園」では、スムージーも販売されています。「あら川の桃スムージー」のほか、今年は新作の「はっさくスムージー」が仲間入り。それぞれ500円です。「あら川の桃スムージー」は、桃ならではの濃厚な甘さ。「はっさくスムージー」は、酸味と苦みのバランスが絶妙です。ご賞味あれ。

名称 八旗農園
所在地 和歌山県紀の川市桃山町最上640-1 地図
電話番号 0736-66-3589
営業時間 9:00~15:00
定休日 6月中旬~8月中旬は無休
駐車場 あり
web https://www.hakkifarm.com/
Instagram @hakkinoen

白箱は既に売り切れ!
完熟ももが味わい深い♡

藤桃庵・籔本畑下農園

イタリアンジェラートが地元でも大人気の「藤桃庵」。2023年9月、「藤桃庵 桃のしあわせ館」として、リニューアルオープンしました。採れたての桃を購入できるのは、旧「藤桃庵」に併設された直売所です。

贈答用の桃となる「白箱」は、ゴールデンウィークが明けた頃から予約開始。例年、収穫が始まる頃には予約分で売り切れてしまうそう。今年の白箱も、既に売り切れです。

家庭用の桃として販売されている「茶箱」(2800円)は、購入可能。茶箱の桃は、2~3日で食べる必要があります。収穫量は日により異なるため、午前中に販売終了となることも。

「籔本畑下農園」では、「川中島白桃」がたくさん採れるため、収穫のピークは8月初旬。また、2024年の桃は例年よりかなり早く、8月10日頃で販売終了となる見込みです。同店の桃は、まるかじりできる”完熟桃”。水洗いを行い桃の産毛を除去すれば、皮ごと丸かじりできるほど柔らか。その美味しさ、ぜひ味わってください。

名称 籔本畑下農園(やぶもとはたしたのうえん)
所在地 和歌山県紀の川市桃山町元901 地図
電話番号 0736-66-8475
営業時間 10:00〜17:00(桃が無くなり次第終了)
定休日 桃販売開始~8月15日まで無休(桃が無くなり次第終了)
駐車場 あり(平日25台、土日50台)
web https://www.yabumotohatasita.com/

絶品ランチを召し上がれ♡
多品種少量生産の桃が魅力です!

松峰ファーム

桃だけではなく、ラズベリーやブルーベリーも栽培している「松峰ファーム」。箱入りの桃は既にほとんど売り切れになっているそうです。

贈答用の並玉(6~9玉入り)3200円~。収穫された桃を、予約優先で随時発送しているそう。収穫量は日により異なるため、まず電話で確認するのがおすすめ。注文は電話もしくはFAX(0736-60-3265)で可能です。

「せめて自宅用の桃を買いたい!」そんな方は、松峰ファームに併設しているカフェ「野かふぇ おりや」を訪れてみてください。店内には「白鳳」2玉入り(400円~)や「紅清水」2玉入り(500円~)があり(品種は時期により異なります)、店内で食事をしていない方も、購入可能です。店内で桃が販売されない日もあるので、購入したい方はぜひ事前に確認してみてくださいね。

また、桃を収穫できる時期は「ランチセット」(1540円)で、自家製桃を使用した絶品ランチを食べることができます。店内でランチを食べ終わったお客さんのほとんどが、2玉入りの桃を一緒に購入していました。桃の美味しさが活かされたランチを食べると、同じ美味しさの桃を自宅でも楽しみたくなるもの。ランチを食べ終わる頃には、ほとんど売り切れになっていましたよ。

名称 松峰ファーム
所在地 和歌山県紀の川市桃山町神田244 地図
電話番号 0736-66-1001
営業時間 11:00~14:00
定休日 土~火曜
駐車場 あり(6台)
メール nocafe_oriya@yahoo.co.jp
web https://nocafe-oriya.business.site/

ほんのり桃色ソフトがかわいい♡
お盆まで桃を楽しんで

稲垣農園

「稲垣農園」 は、 桃山町内で最古参の直売所です。2024年は、6月29日から営業開始! 例年、6月下旬〜8月下旬に営業していますが、今年の桃は少し早く、お盆頃で終了予定とのこと。お盆前で販売が終了する直売所が多いので、桃を長く楽しめる直売所は貴重です。キャッシュレス決済にも対応しています。

品種や時期により変動がありますが、茶箱は1500円~。そのほか、手さげや白箱(大・中・小)が販売されています。

稲垣農園では、9品種を栽培・販売しており、少量生産で7月末から収穫できる黄金桃や、硬めの桃が好きな人におすすめの「幸茜(さちあかね)」や「さくら白桃」があります。8月上旬から収穫できる「幸茜」と、入れ替わるように収穫される「さくら白桃」。どちらも高糖度で硬めの食感のため、”もち” がいいのが特徴です。

直売所メニューが豊富なのも、嬉しいポイント♡ 「ももソフト」や「桃生ジュース」のほか、お持ち帰りメニューも充実しています。なんと、直売所でソフトクリームの販売を始めたのも、「稲垣農園」が一番最初なのだそう!

「コーン ももソフト」(400円)は、ほんのりピンク色でかわいい♡ やさしい甘さの桃ヨーグルト風味で、カット桃の冷凍コンポートがトッピングされており、満足感たっぷりです。「ミルクベースもも生ジュース」(500円)は、さっぱりしており、桃の果肉感があります。ドライブのお供にぴったりですよ。

名称 稲垣農園
所在地 和歌山県紀の川市桃山町元148番地5 地図
電話番号 0736-66-2538
営業時間 10:00~L.O. 16:00(桃がなくなり次第終了)
定休日 不定休
駐車場 あり
web http://www.arakawa-momo.noen.biz/

こちらの記事もおすすめです↓

今回は9軒の直売所を紹介しましたが、紀の川市桃山町には、まだまだたくさんの直売所があります。「あら川の桃振興協議会 わか桃会」が発行している桃MAPを参考に、お気に入りの直売所を見つけてくださいね♡

※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります