初詣はパワースポット熊野三山でご利益を!【和歌山県】

熊野三山とは、熊野本宮大社(田辺市)、熊野速玉大社(新宮市)、熊野那智大社(那智勝浦町)の3神社の総称。日本全国に約3千社ある熊野神社の総本社です。世界遺産に登録された熊野古道によって結ばれ多くの皇族や貴族たちが訪れました。由緒正しいパワースポットで祈願を。

古式ゆかしい威厳を放つ

熊野本宮大社

熊野本宮大社京の都から数百kmの道のりを歩いた熊野詣で、最初に辿り着くのが熊野本宮大社。威厳に満ちた桧皮葺きの社殿は、訪れる人を優しく包み込むような温かさも。阿弥陀如来の力によって、来世の加護をいただくことができると伝えられています。

大斎原(おおゆのはら)

熊野本宮大社_大斎原1熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」。かつてこの地に熊野本宮大社はありましたが、明治22年の洪水により、流出を免れた上四社3棟が1891(明治24)年、現在地に移築・遷座されました。

<住所>   和歌山県田辺市本宮町本宮
<電話番号> 0735-42-0009

朱色が鮮やかにまぶしい

熊野速玉大社

熊野速玉大社速玉(はやたま)大社は、薬師如来の力で前世の救済を成すと伝えられています。境内には平重盛公お手植えと伝えられる、国の天然記念物の巨大なナギの木や、檜扇など1000点を超える国指定文化財を所蔵した熊野神宝館もあります。

<住所>   和歌山県新宮市新宮1
<電話番号> 0735-22-2533

曼荼羅絵解きそのまま

熊野那智大社

熊野那智大社南方熊楠(みなかたくまぐす)が伐採に反対し守り抜いた、樹齢数百年の大樹がそびえる大門坂から、473段の石段を登りようやく社殿に到着します。那智大社は千手観音の力で、現世の利益を与えられると伝えられています。那智大滝との2ショットは、曼荼羅絵解きのよう。

熊野那智大社2神武東征の折、道案内をしたといわれる「八咫烏(やたがらす)」は、熊野の神様のお使いとされています。イギリスから日本にサッカーを紹介した中村覚之助は、那智勝浦町の出身。その縁もあり、日本サッカー協会のシンボルマークになっています。

<住所>   和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
<電話番号> 0735-55-0321

※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

【関連記事はこちら】

心に残る景色に出会える。和歌山の絶景&撮影スポット
和歌山城に和歌浦・マリーナ…和歌山市内の定番観光スポット【和歌山市】

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓
ニュース用
【ロカルわかやまLINE公式アカウント】
LINEで和歌山の情報をお届け♪
友だち追加

【ロカルわかやま公式Twitter】
ロカルTwitter 
【ロカルわかやま公式facebook】
f_logo_RGB-Blue_58