【紀伊富田駅】面白い名前のお店や大ウナギに会いたい…。~ローカル線の旅~ JR紀勢本線編

出典:instagram

紀伊富田と書いて、「きいとんだ」駅。富田という地名は大阪にもありますが、和歌山の富田なので紀伊富田。白浜に近く、アドベンや三段壁といった観光スポットにも白浜駅と変わらないくらいの距離感です。そんな紀伊富田には面白い名前のお店があるほか、大うなぎの生息地としても知られています。

JR紀勢本線(きのくに線) 紀伊富田駅(きいとんだ)

1933年12月8日、国鉄紀勢西線の紀伊田辺駅から当駅までの開通にともない開業した。開業時、当時の富田地区の中心地[2]に駅が設けられることになっていたが、住民の反対により少し離れた当地に設置された。その結果、後に富田地区の中心地自体が駅周辺である白浜町栄に移ることとなった。
出典:wikipedia

トレイナートの時にこんな感じになりました。
かわいいいですね。

ここからは周辺のスポットをご紹介。

ん?手抜きうどん??インチキそば?
ほとんど休みの場合が多いので注意!

じん

じん

じん2
ようやく来れました「手抜きうどん、インチキそばの じん」です。
他人うどんを頂きました(._.)
強もてのご主人の作るうどん旨かったです!
機会があれば、また来ます。ごちそうさまでした(^∧^)
(出典:Facebook)

NHK和歌山の「わびたび」にも紹介されてました!

Shinoと店主

天ぷらうどん
さて、ご主人が作ってくれた自称“手抜き”てんぷらうどんをいただいてみると…麺ものどごしがよく、ダシも最高!今まで食べた天ぷらうどんの中で一番おいしいうどんでした。ヽ(^。^)ノ
出典:わびたび

このテナントにはほかにもいろいろなお店がありますよ!

じん

和歌山県西牟婁郡白浜町才野372
不明
不明

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください

大うなぎの生息地

富田川(とんだがわ)

和歌山県内で確認されている天然記念物のうち、有名なのは紀州犬。
でも、ここ富田川では「オオウナギの生息地」として指定されています。

オオウナギ

オオウナギ

富田川(とんだがわ)は、和歌山県南部(南紀)を流れる二級水系の河川。和歌山県内唯一のダムの無い主要河川である。

果無山脈の安堵山(あんどさん、標高1184m)に源を発して概ね南西流。白浜町富田で太平洋(紀伊水道)に注ぐ。沿岸の大半は山林で、下流河畔にわずかに平野を形成する。河口北側は富田の浜に接している。
中流部から国道42号が河口近くまで併走、ほぼその地点から国道311号が上流向きに併走する。
(中略)
やや広い河原を持つが、水量は不安定で中流域は時折渇水する。
下流の白浜町富田地区には国の天然記念物「オオウナギ生息地」がある。
(出典:Wikipedia)

また、大塔村、上富田町、白浜町の3ヵ所には、体長1.5メートル、重さ20・にもおよぶオオウナギが生息し、本州北限地として国の天然記念物に指定されている。
(出典:和歌山県)

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください

「紀伊富田」→「キイトンダ」→「キートンダ」?

駄菓子屋キートン

駄菓子屋キートン
カウンターでは、カップヌードルをいただける。
(中略)
きなこ棒だけ買ってさっと出ようと思っていたのに、
結局395円分も買ってしまった。
(出典:instagram)

駄菓子屋キートン
合間に息子と 「キートン」っ^^;
昔懐かし駄菓子屋さんっ❤️
(出典:Facebook)

駄菓子屋キートン

和歌山県西牟婁郡白浜町栄700-2

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください

西国三十三所南紀霊場 第八番白華山

観福寺

当寺は鎌倉中期に法燈国師を開山、覚元禅師を草創、吉田小将範盛を開基として創建される。これ以前の上古草創については不明、正安4年(1302)の覚元禅師住持の節の六波羅御教書が残されている。
出典:http://www.mason-kitani.co.jp/kinokuni/no10.htm

【詳細】
住所:

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください


いかがでしたでしょうか
魅力いっぱいの紀伊富田周辺。近くに寄る機会があれば是非!
インチキそばは開いてるとは限りません。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めします。

関連記事もCHECK!
↓↓↓

【朝来駅】救馬渓観音へはここから。上富田町唯一の駅 ~ローカル線の旅~ JR紀勢本線編

朝来と書いて「あっそ」、なんともインパクトの強いこの駅は紀勢本線上、和歌山県西牟…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用