サクッと美味しいトンカツが食べたい!和歌山市で今おすすめのお店はここ!|PR|

老若男女から愛されるとんかつ。豚カツとひと口に言ってもヘレカツやロースカツなど種類もいっぱい、ランチにもディナーでも人気ですよね。今回紹介するのはフォルテワジマの7階にある「庄内」。和歌山では珍しい、平田牧場の三元豚を使用するトンカツの専門店。その美味しさの魅力について紹介します。

平田牧場の三元豚を使用した
とんかつ専門店「庄内」

W1T9613

_W1T1158_2
和歌山でも珍しい平田牧場の三元豚を使用したトンカツとしゃぶしゃぶの専門店「庄内」。三元豚の美味しさの秘密は3その品質。種類の純粋種を交配してつくり出した豚に、日本のお米をあたえてじっくり飼育。肉のきめが細かく、心地よい歯ごたえのお肉に仕上がっています。特に真っ白でべたつかず、甘く、上質な脂肪は風味の違いを決定づけ、プロの料理人からも高い評価を得るなど、国内の最上級のブランド豚として広く認知されています。

ジューシーさがたまらない!メンチカツ
シンプルな藻塩でいただくと旨みが広がります。

 

一般的にメンチカツは牛との合挽き肉を使いますが、こちらのものは平田牧場の三元豚のみをミンチにしているので、あっさりとした口当たり。なんでも、三元豚は米を混ぜた飼料を主食にしているため、甘くてさらりとした上質の脂身になるのだとか。口に含んだときにはじゅわっと肉の旨みがひろがって、たまりません。

_S9A8828_small_hoseiおすすめの食べ方は「塩」。このお店では「藻塩」といって海藻と海水のうま味が凝縮した、まろやかな口あたりの天然塩で頂くことができます。この藻塩でいただくことで、メンチカツのシンプルな美味しさを堪能する事ができるんです。

 

特製ソースが完璧なヒレカツ

_S9A8832_1_small

脂はひかえめの厚切りのヒレ肉をカラリと揚げたヒレカツ、お店特製のソースにすりゴマを合わせたもので頂くのが定番です。

カラリと揚がる秘密は揚げ方。一般的な温度よりも低めでじっくりと揚げるのがコツなんだとか。しっかりと衣が立っていて、サクサク感が目に浮かぶようです。

 

期間限定で登場、1日10食限定。
「極味カツ膳」(税込1,680円) 6/30(日)まで

bb910b8ddce02943586da59f69dc93a0ヒレ肉の部分でも特に柔らかい真ん中の部分のみを使用して揚げた、まさに「外はサクッ、中は柔らか」な絶品のヒレカツ。エビフライもついて、とてもゴージャスなセットです。
なお、希少部位のみを使用するため、提供数は「1日10食限定」となっています。お早めにどうぞ!

~期間限定メニュー~  ※6/30まで
■【1日10食限定】極味(きわみ)カツ膳 1,680円(税込)
・三元豚ヒレかつ
・エビフライ
・ごはん、味噌汁、漬物


6月30日までの期間限定なので、この機会にぜひ行ってみてください。

庄内のオフィシャルHPはこちら

http://www.shokutsuna.jp/

「食つな」のinstagramをフォロー

https://www.instagram.com/shoku2727/

http://rokaru.jp/shop/2942