今年1年の商売繁盛を願って!十日戎へ行こう【和歌山・紀北】

毎年1月9日、10日、11日の3日間に関西各地で行われる「十日戎(とおかえびす)」。通称「えべっさん」と呼ばれており、毎年、商売繁盛を祈願し多くの方が参詣し賑わいます。今回は和歌山県紀北エリアの十日戎を紹介します。本堂に参拝した後は「熊手」や「笹」などを購入して景気の良い一年にしたいですね。

和歌山市

水門吹上神社(みなとふきあげじんじゃ)

御子蛭兒神と大己貴神の二柱の福の神を祀る全国でも珍しい神社。
紀州の十日戎発祥の地として知られ、毎年9日の宵戎から11日の残り福まで多くの参詣客で賑わいます。
のし飴発祥の地としても知られ、ほかでは見られない紀州特有のものとして有名です。

水門吹上神社(みなとふきあげじんじゃ)

(画像出典:http://www.wakayamakanko.com/)…

和歌山市小野町2-1

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

和歌山市

東の宮恵美須神社(ひがしのみやえびすじんじゃ)

和歌山県内最大の繁華街「アロチ」の近くにあり、毎年商売繁盛を願って多くの商売人が集まります。
普段宮司はおらず、 毎年えべっさんの3日間は島根県にある総本山の美保神社から宮司と神官10人が出向いています。
十日戎の最中は神主による「悪斬の舞」の披露や、福引などもあり多くの参詣客を喜ばせます。

東の宮恵美須神社(ひがしのみやえびすじんじゃ)

(画像出典:https://higashiebisu.jp/)…

和歌山市吉田495

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

和歌山市

日前神宮(ひのくまじんぐう)

天岩屋神話に由来する、創建二2600年の同一境内に二社の大社をなす神宮。
十日戎の3日間は参道が深紅の市戎のぼりで鮮やかに彩られ、夜遅くまで境内が開放されます。
福を授かる笹、幸せを集める熊手や箕、富の象徴の福俵など、大小さまざまな縁起物が並びます。

日前神宮(ひのくまじんぐう) 國懸神宮神宮(くにかかすじんぐう)

創建二千六百餘年を溯る日前神宮・國懸神宮は、同一境内に座します二社の大社をなして…

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

海南市

伊勢部柿本神社(いせべかきもとじんじゃ)

元伊勢として古くより崇められ、産業や商・工業、運輸交通の守護神として信仰を集める神社。
十日戎は、「日方のえべっさん」として古くから知られてます。
10日の本戎では夜店も並び、多くの参詣客で賑わいます。

伊勢部柿本神社(いせべかきもとじんじゃ)

公式twitter:https://twitter.com/isebekakim…

海南市日方600

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

橋本市

慶賀野蛭子神社(けがのえびすじんじゃ)

高野街道の近くにあり、古くより信仰されてきた蛭子神社。
笹飾り「吉兆」を求めた方にはお餅が贈られ、和やかな雰囲気のなか十日戎が催されます。
十日戎で婦人会が手作りし販売するおやきも有名です。

慶賀野蛭子神社(けがのえびすじんじゃ)

(画像出典:http://www.hashimoto-kanko.com/)…

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

橋本市

名古曽蛭子神社(なごそえびすじんじゃ)

約300年程前に創建され、紀の川筋でも有数の蛭子神社。
十日戎では、夜店も多く出店し多くの参詣客で賑わいます。
境内には樹齢300年を超えるといわれる松の銘木「蛭子三郎松」が信仰の対象として大切にされています。

名古曽蛭子神社(なごそえびすじんじゃ)

(画像出典:http://www.nagoso-ebisu.jp/)…

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。


年に1度の十日戎で、商売繁盛を祈願しに行きましょう!

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

和歌山県1月前半のイベント情報2019

2019年1月前半の和歌山県内のイベント情報をお届けします。新年を迎えた1月は各…

和歌山県1月後半のイベント情報2019

2019年1月後半の和歌山県内のイベント情報をお届けします。田辺市の川湯温泉では…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら

↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】
LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加