ビュッフェを超えたビュッフェスタイル!?想像を遥かに超えるプレミアムな美食と癒やしの白浜旅へ【和歌山県】|PR|

旅の目的と言えば、やはり「おいしいものを食べる」と「温泉に浸かる」がツートップ(注:日本交通社 旅行年報2019)。その両方において満足できるのが近畿の奥座敷、南紀白浜ではないでしょうか。日本三古湯のひとつに数えられた歴史ある温泉郷に、一面白砂の美しいビーチ。南国気分と湯巡りが同時に楽しめる近畿随一のリゾート地として多くの人を魅了してきたこの地に生まれた美食と癒やしのオーベルジュがいま注目を集めているんです。

丘の上に現れる白い街。まさに「大人の隠れ家」!

ブランシェット南紀白浜

逋ス豬彌IMG_2058

小高い丘全体がすべて敷地になっていることから、まるで一気に別世界にスイッチしたような感覚に。フランス語で「白」「隠れ家」「フォーク(美食の象徴)」の意味を持つ言葉から生まれた「ブランシェット南紀白浜」。白いタイルが印象的な71棟のヴィラは確かに隠れ家という言葉がしっくりときます。日常から遮られた静かな環境は南国リゾート気分を満喫するにはもってこいではないでしょうか。

昼と夜、2つの顔を楽しむプライベート・ヴィラ

逋ス豬彌IMG_2037

三角屋根が印象的なヴィラが建ち並ぶ宿泊棟は、異国、ともすれば異世界の町のよう。それぞれに少しずつ違うタイルの模様や色を楽しみながら小路を散策するのもワクワクします。白を基調にしたシックな佇まいは夜になるとまた表情を変え、幻想的な空間へと変貌。昼に見たタイルの模様も屋根の三角錐もどこかファンタジックで思わず見とれてしまいます。

逋ス豬彌IMG_2351_1

贅沢独り占めスパで白浜温泉を心ゆくまで堪能したい

逋ス豬彌IMG_2067

部屋に入ると、外からの見た目以上にゆったり開放的な空間が広がります。ツイン、トリプル、和室の3タイプがあり、いずれも浴槽にこんこんと流れるのは名湯白浜温泉。弱アルカリの低張性温泉は肌触りがなめらかで、湯上りはしっとり。湯あたりしにくい泉質なため、長時間ゆったりと浸かることも可能。浴室と続きのプライベートテラスでもゆったりくつろぎの時間を楽しめます。

逋ス豬彌IMG_2075

ブランシェット南紀白浜の真髄を知る、感動級の食ライブ!

逋ス豬彌IMG_2309

そして、何よりの人気の秘密はこちらの「食」。 趣向を凝らしたさまざまな食体験にいちいち感動できると評判なんです。実はこちらのレストランはブッフェスタイル。「なんだ、ブッフェか」と思いませんでしたか? ブッフェと聞くと作り置きの料理が並び、クオリティが落ちる気がしますよね。そんな人にこそ、細部にまで行き届いた「目からウロコ」なこちらのブッフェを堪能してみてほしいものです。

191213繝輔y繝ゥ繝ウ繧キ繧ァ繝・ヨ蜊礼エ€逋ス豬彌IMG_2311

ここではステーキも寿司も目の前で仕上げてくれる「ライブダイニング」が愉しめます。生ハムも塊から切り分けてくれ、蜂蜜は巣蜜から1滴ずつ滴り落ちる瞬間を目の当たりに。そのライブ感だけでも興奮しますが、その食材が熊野牛や鯛、オマールエビ…と、とんでもないクオリティ! 中でも外せないのが低温調理でじっくりと火を通した国産牛のフィレステーキ。

191213繝輔y繝ゥ繝ウ繧キ繧ァ繝・ヨ蜊礼エ€逋ス豬彌IMG_2157

約5センチのぶ厚い肉にも驚きますが、その柔らかさと口に広がる旨味には訪れたほぼ全員が感動するというのがわかります。オリジナルの赤ワインソースも肉の甘みを邪魔せず、おいしさをひときわ際立たせてくれる名脇役。せっかく訪れたからには、これだけはお腹がいっぱいになる前に食べておきたい一品です。

逋ス豬彌IMG_2167

5センチもの厚みあるステーキは低温調理で芯まで火は通っているのに中は鮮やかなピンク色。つけあわせの「龍神しいたけ」も絶品!

この国産牛フィレステーキのみ1組(2人)につき1皿ですが、他の料理は全てビュッフェ。マグロや熊野牛ローストビーフ、時季によればクエもウニも全て食べ放題!  豊富に揃う魚介類は基本的に地物でとれたものを中心に、産地も品質も厳選。さらにビールをはじめ地酒の数々やワイン、梅酒、焼酎などのドリンクの豪華ラインナップも全て飲み放題。中には「車坂 魚に合う吟醸酒」など、地魚を味わうための銘柄も揃います。

逋ス豬彌IMG_2290

アルコール、ソフトドリンクを合わせて50種以上が飲み放題♪

手抜きなし、本気の調理がずらり!

正直、手間も食材費もかかりすぎではないかというレベル。なぜこんな採算度外視なことをしているのだろう? 料理長の穴井裕樹シェフに伺ってみたところ「白浜に来てくれたならば、ここならではの海産物や和歌山の誇る熊野牛を食べてもらいたいじゃないですか」と返ってきました。

逋ス豬彌IMG_2208

銀座のフレンチに始まり、イタリアンやホテルレストランで経験を積んだ穴井料理長。「音や空気、温度をダイレクトに感じながら旬を楽しんでもらいたい」と想いを話してくれました。あまり食べたことのない料理を心がけ、仕上げやソースにもひと工夫。その心意気は前菜からスイーツに至るまで、全てに行き届いているのを感じます。

Untitled collage

ブランシェット南紀白浜の魅力を動画でも

※音声が流れます。音量にご注意ください。

新年はさらにパワーアップしたプランをお楽しみあれ!

新年はこの豪華ブッフェをさらに楽しめるプランがあるんです。冬が旬伊勢海老を1匹まるまるをお造りやブランシェ(蒸し)やオーブン焼き、味噌汁などでまるごと堪能できる1月限定の「伊勢海老付プラン」(大人19,500円〜/税・サ・入湯税別)。
そして2月は天然クエ鍋付プラン。(大人22,000円〜/税・サ・入湯税別)昆布出汁、金山寺味噌出汁、和歌山県産レモン塩麹出汁と3種の選べる出汁でいただくプリップリのクエと、新年は紀南の美味が目白押し!
もちろん珠玉のブッフェも同時に味わえます。


伊勢海老付プラン
期間:~2020 年1月30日(木)
料金:大人1名 19,500円〜 ※中学生以上
子供1名 14,625円〜 ※小学生
幼児    9,750円〜 ※3~5歳
※12/28〜1/5は除外日

クエ鍋付プラン
期間:2020 年2月1日(土)~29日(土)
料金:大人1名 22,000円〜
子供1名 16,500円〜 ※小学生
幼児    11,000円〜 ※3~5歳
※朝食 7:00~10:00(LO9:30)
夕食 18:00~22:00(LO21:30)

※(すべて税・サ・入湯税別価格)

どちらも公式HPにて受付中、ぜひ新年は美食と癒やしの旅に出かけませんか?

ご予約・お問い合わせはこちらから!

https://blanchette-ns.com/

ブランシェット南紀白浜 【和歌山】

2019年7月25日・和歌山県/南紀白浜にありそうでなかった宿泊施設がオープン!…

和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2498-46

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】
LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加