食べるおかず味噌『金山寺味噌』!!外出自粛中のおうちごはんのお供に是非!お取り寄せもできる!厳選6店舗!

出典:photoAC

おかずにも、おつまみにも、おやつにもなる金山寺味噌。色々諸説はありますが、中国の宋の時代のお寺から、和歌山の由良にある臨済宗 鷲峰山興国寺に伝えられたそうです。冷奴に乗せたり、生野菜につけて食べたり、炒め物に混ぜたり・・・食べ方は様々。私は「茶粥」×「金山寺味噌」が優勝だと思います。

金山寺味噌の歴史
今から七百年ほど前(鎌倉時代)に、中国の径山寺(きんざんじ)で、一人の憎が修行を終えました。後の禅宗法燈派の本山、鷲峰山興国寺の開祖・法燈国師です。 同師は「金山寺味噌(径山寺味噌)」を紀州に持ち帰ったと伝えられ、以来、温暖な気候と豊かな水源に恵まれた和歌山は、味噌造りの名産地として古くから親しまれ続けています。

出典:株式会社味噌本舗 山田

明治三九年創業

【御坊】株式会社 味噌本舗 山田

出典:山田

出典:山田

出典:食べログ

出典:食べログ

家で『きしめん』を作った際に、おにぎりの横に添えていただきましたが
瓜と昆布の形がしっかり残って食感もよく、間違いのない日本の味ですぅ (^o^)/
ごちそうさん (●^o^●)

出典:食べログ

出典:山田

出典:山田

レシピ レシピ2 ちーずと金山寺味噌ってめっちゃ相性が良いらしく!SNSでも評判です! 金山寺味噌と一口に言っても、種類がたくさんあって迷いますね~ とりあえず悩んだら「お試しセット」的なやつですよね!間違いない!

株式会社 味噌本舗 山田

和歌山県御坊市薗749
8:30~18:00
日曜休日

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

創業明治14年 紀州湯浅名産

【田辺】湯浅醤油 丸新本家

出典:丸新

出典:丸新

出典:丸新

出典:丸新

出典:丸新

出典:丸新

各種メディアにも多数出演されてます。https://www.marushinhonke.com/blog/?cat=3

 750年続く伝統製法でつくられた金山寺味噌は、米、大麦、大豆、なす、瓜、生姜、しそが入った自然発酵食品のおかず味噌です。具だくさん金山寺味噌は、具が多い金山寺味噌を作って欲しいというお客様のご要望を実現させた特別な金山寺味噌です。 創業以来愛されている昔ながらの伝統の味のまま、野菜がたっぷり入っています。 野菜が多いので、やや甘口に感じるかもしれません。 発売以来、当店の人気NO.1の商品になりました。 これだけで、ご飯のおかずやお酒のあてになると大好評。生で食べる味噌です。 出典:丸新

湯浅醤油 丸新本家 

和歌山県田辺市新庄町2915-333

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

元禄時代から代々伝わる”金山寺味噌”の老舗の取扱商品

【湯浅】あみ清数見商店

元禄時代から変わらない老舗の味 国産の米・麦・大豆に徳島の瓜、地元の湯浅なす、 高知の生姜、和歌山南部の赤しそを混ぜ合わせ、 醸造した金山寺みそです。 懐かしい味を是非ご家庭で。 出典:湯浅町観光ガイド

湯浅の老舗味噌屋さんです!全ての材料を国産にこだわる本格派の味噌屋さん、 特に茄子は地元湯浅の特産茄子を使い、保存料を 使用していない生きた金山寺味噌です。 その他醤油も各種扱ってます。 金山寺味噌は甘過ぎない大人の味でした! 出典:食べログ

あみ清数見商店

和歌山県 有田郡湯浅町湯浅519

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

【田辺市】丸六本店

出典:丸六

出典:丸六

当地、田辺市鮎川は江戸時代、相賀 (あいが) の郷と称され、大田六右衛門が明治中期に
醤油味噌製造販売を始めたのが初代です。
明治中期に醤油味噌製造販売を始めたのが初代であり、昭和五十五年頃より
当店の金山寺味噌の手作りの味が反響を呼び、金山寺味噌製造のみとなり現在に至っております。
紀州の名品と謳われ素晴らしい日本の味を御賞味賜り、朝夕の食卓や御贈答品に必ずや
満足をして頂けるものと確信致しております。

出典:丸六本店

相賀屋 丸六本店

和歌山県田辺市鮎川15

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

創業から70年、つやつやと輝く金山寺味噌

【湯浅】垣内みそ

ここ湯浅町で金山寺味噌を作り続けるということはずいぶん覚悟がいるものです。

湯浅は金山寺味噌がこの地で作られるようになった発祥の尊き伝統を受け継ぐ町。その昔、禅僧覚心が製法を伝え、このあたりの禅寺から栄養食・健康食として広まった金山寺味噌が、750年もの時を経て今もなお伝え続けられていることに思いを馳せると、この地で味噌づくりに携わってきた先人の知恵と工夫、たゆまぬ努力、そしてその先には、穏やかなともしびの中で食卓を囲む人々の笑顔が垣間見えます。

その灯りをともし続ける。

そんな覚悟をもって、いつかそこに帰りたくなるような心の味を、垣内みそは創業から70年、粛々とここ湯浅の町で作り続けています。

出典:垣内みそ

出典:垣内みそ

出典:垣内みそ

自分、、、こちらの金山寺味噌が大好物なのですw
キュウリにメチャクチャ合うんですよね〜♪(もちろん御飯にも合います。)

しかも瓜・茄子・しそ・生姜を漬け込んでいるので色んな食感が楽しめ、甘過ぎる事もなく辛過ぎる事もなく、絶妙な味に仕上がっていて、単独でもパクパク食えちゃうくらいの勢いですw

何度も食い過ぎていて今更レビューで書くのも不思議な感じですが、オススメの一品だと思います。

ごちそうさまでした〜

出典:食べログ

出典:垣内みそ

出典:垣内みそ

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ひとり家呑み #垣内の金山寺味噌 うまいなあ… ryo-ko(@ryo.ura.ura)がシェアした投稿 –

垣内みそ

和歌山県有田郡湯浅町大字別所342番地1
9:00-18:30 (元旦のみ休業)
(元旦のみ休業)

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

【御坊市】天田屋


天田屋では江戸時代中期の文化年間(文化5年西暦1808年)より味噌、麹の製造を家業として何よりもお客様によろこんで頂く味をモットーに昔ながらの製法を守り続けております。弊店の金山寺味噌は、純国産の米、麦、大豆の原材料を吟味しつつ麹にして、これにウリ、ナス、ショウガ、シソを加え食塩、砂糖で発酵させたもので、保存料や防腐剤を一切使用しない酵母の生きている美味しさを味わって頂きたいなめみそです。
天田屋1

天田屋2

出典:天田屋

天田屋

和歌山県御坊市湯川町財部664-6

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

【関連記事はこちら】
↓↓↓

醤油の故郷「湯浅町」のレトロな町並み散歩【湯浅町】

醤油の町と知られる和歌山県湯浅町。醤油の起源は、中国での修行を終え日本に戻って来…

湯浅町だからこそ味わえる贅沢な一品”しらす丼”5選

和歌山県湯浅町名物「しらす」。あっつあつのごはんにたっぷり載せて食べると本当に幸…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加